九条の会オフィシャルサイト Japanese Korean English French
大江健三郎、小田実、井上ひさし、加藤周一、澤地久枝、三木睦子、鶴見俊輔、奥平康弘、梅原猛

「九条の会」メールマガジン記事の詳細 (第17号)
第16号こちら
発行元:「九条の会」メールマガジン編集部
マガジンへのご連絡・ご投稿は ⇒ mag@9jounokai.jp
「九条の会」のサイトは ⇒ http://www.9-jo.jp/
Copyright(C) 九条の会 All rights reserved.

☆☆☆ 「九条の会」メルマガ詳細版   2007年1月10日 第17号 ☆☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
憲法9条、未来をひらく
<転送歓迎> 転送を受けた方はぜひ右からご登録を http://www.9-jo.jp/  発行者:mag@9jounokai.jp

「九条の会」事務局長から新年のご挨拶

 新しい年2007年は、日本国憲法が施行されて60周年です。一人ひとりの個人が、この国の主権者となってから還暦をむかえるにいたった歴史を、本当に実らせる年にしたいと思います。そして、全国に広がった「九条の会」の運動にこそ、この国の内があることを、はっきり示していきたいと思います。

 なぜなら、2006年は、憲法を改悪しようとする勢力が行ってきたことが、すべて虚であることが明らかになったからです。耐震偽装問題、ライブドア問題、日銀総裁までが絡んだ村上ファンド問題、郵政民営化造反議員の自民党復党など、すべての事件は、私的利益のために、うそとそらごとを積み重ねた結果起きたものです。 小泉純一郎政権の5年間は、「構造改革」という中身のないうつろな言葉の背後で、徹底した国民生活の破壊を行い、とめどのない格差拡大社会にしてしまいました。また、この5年間、アメリカのブッシュ政権が進めてきた「テロとの戦争」が、うそでぬり固められた国際法違反の無法な殺戮であることが、当事者も認めざるをえない形で明らかになったのも2006年でした。 北朝鮮の核実験に対する国連安全保障理事会の決議は、「兵力を用いない」(国連憲章第41条)平和的な外交交渉で問題を解決する制裁決議を全会一致で採択しました。国際社会は、日本国憲法9条の心にこそ、国際紛争を解決する、最も現実的な力があることを選びとりはじめているのです。 しかし、安倍晋三政権は、こうした世界の流れに逆行する、9条2項を抹殺し、自衛隊を「自衛軍」にする「新憲法制定」を今年の一斉地方選、参院選の争点にすると、2007年年頭に表明しました。これほど憲法、とりわけ9条の問題をめぐる対決点が明確になっているからこそ、私たちの草の根からの運動の出番なのです。一人ひとりがやれるあらゆる行動を通じて、主権者の力を発揮していきましょう。

2007年1月

                      九条の会事務局長 小森陽一


事務局から新年のご挨拶を申し上げます

今年も互いに力を合わせ、大きな前進を実現したいと思います。メルマガへの「行事予定」「活動報告」「意見」などの投稿をお願いするとともに、このメルマガをそれぞれの読者の皆様が参加しているメーリングリストに転送したり、関係するサイトでお知らせしていただくなど、メルマガ読者の拡大にもご協力をお願いいたします。本年もよろしくお願い致します。                         九条の会事務局一同――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
各地から

(本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限ります。なおこのメルマガは原則として毎月10日、25日発行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します


俳人「九条の会」

新春のつどい日時:1月13日(土)13:30〜
講演:小森陽一(「九条の会」事務局長)「ぼくの憲法体験と文学」
   金子兜太(俳人「九条の会」呼びかけ人)「ぼくの戦争体験と俳句」
会場:学士会館本館http://www.gakushikai.or.jp/facilities/index.html
参加費:1000円(要・事前申し込み)

主催:俳人「九条の会」030−3909−118


落合・中井九条の会

テーマ:『9条を世界の憲法に』
  ―世界の各国が採用しようとしている
9条を敵視するものに明日は無い― 
日時:
07121日(日)14:00〜16:00
会場:落合社会教育会館 視聴覚室(東京都新宿区中落合4−2519
お話:橋本左内氏(牧師、国民学校1年生の会代表)

 落合・中井九条の会http://homepage2.nifty.com/otiainakaikyujo/index.htm

 連絡先:Email : otiainakai9jo@mbr.nifty.com


「憲法九条をまもろう岡山県平和のつどい」実行委員会

岡山平和のつどい

日時:1月24日(水)18:30〜20:30
講師:澤地久枝「わが命の砦」
フォークコンサート:笠木透と雑花塾
会場:岡山市民会館大ホールhttp://www.okayama-shiminkaikan.com/access/access.html
参加協力券:500円
主催:「憲法九条をまもろう岡山県平和のつどい」実行委員会

090−1683−205

 

 

 


女性「九条の会」
ふたたび女を戦争の支え手に?!

日時:1月27日(土)13:30〜16:00

講師:植野妙実子さん(中央大学教授)

社会を支えるものとしての「家族」の強調は、戦争への道につながる

   原田 収さん(予防訴訟原告・都立養護学校教員)
    「日の丸・君が代強制」の意味するもの
      〜原告は何を訴えて勝利を勝ち取ったか
参加費:800円

会場:津田塾本館5階5−08http://tsudajukukai.or.jp/about/map.html

主催:女性「九条の会」


白子・下新倉九条の会(埼玉)

結成記念講演会日時:1月28日(日)14:00〜
講演:高田健(九条の会事務局)「9条がこの国を守ってきた」
会場:和光市白子コミュニティセンター 和光市白子
2-15-51  048-468-1567

主催:結成準備会


鎌倉・九条の会

「憲法のつどい 2007鎌倉」
日時 2007216() PM7:009:30(開場630)
講演 澤地久枝 「みずから発すること」
    落合恵子 「いのちの感受性2007・・・いま”わたし”ができること」
挨拶 鎌倉・九条の会 呼びかけ人 なだいなだ/井上ひさし
場所 鎌倉芸術館大ホール
http://kamakura-arts.jp/access/index.html
入場券 1000円/申し込み先 ファックス 0467ー60ー5410/iza@kamakura9-jo.jp

申し込まれた方に入場予約券を送ります。(精算は当日)

詳細は http://www.kamakura.9-jo.jp

 

 

 


女性「九条の会」

発足2周年記念映画会「戦争をしない国日本」
日時:2月17日(土)午後2時
入場料:1000円

会場:津田塾会本館5階ホール
http://tsudajukukai.or.jp/about/map.html

主催:女性「九条の会」


厚木市民九条の会

講演会:平和憲法を未来につなぐ可能性
2月25日(日)14:00〜16:00
講師:高田健(「九条の会」事務局)
会場:厚木市立あつぎパートナーセンター4F集会室

(厚木市中町1−4−3  046−225−2500)

参加費:300円主催:厚木市民九条の会 090−4616−1816

協賛:あいこう九条の会、あつぎ九条の会、おぎの九条の会、依知憲法九条の会、まちうち九条の会


千曲市九条の会活動報告

 千曲市九条の会では、11月19日(日)に、九条の会事務局長の小森陽一さんを講師にお招きし、「かがやけ!憲法9条 千曲市九条の会 学習と交流のつどいを開催し、約190名が参加しました。 小森さんは、改悪された、教育基本法が、日本国憲法の理想を、国の命令ではなく、一人一人の国民が自ら進んで自発的に実現するために、教育の力に「まつべき」ものとして、つくられたものであることを指摘したうえで、教育基本法と日本国憲法の関係の密接な関係を断ち切り、戦争ができる国づくりをすすめるための改悪だと、政府・与党のすすめる教育基本法改悪のねらいを明らかにしました。また、憲法9条改悪のねらいは、日米安保条約にもとづいて、文字通り集団的自衛権を行使できるようにするための、アメリカの強い要求にもとづくものであると指摘。自民党の新憲法草案は、「改憲」ではなく、今の日本国憲法が前文で禁じている、「人類普遍の原理」にそむく、まったく別物の「憲法」をつくろうとする、憲法クーデターであると、その本質を明らかにしました。 そのうえで、小森さんは、現憲法の掲げる「戦争放棄」が、国連憲章との関係で、広島・長崎の被爆体験を経たうえでの人類の到達であり、21世紀の世界は、まさに今その原理で動き始めていると指摘。その時に、9条を捨てるのではなく、もう1度選びなおして、子どもたちに手渡していくことこそが、私たち大人の役目であり、私たちが主権者として憲法について、語る。この一点がこの運動のいのちだと締めくくりました。 参加者からは、「分りやすく、楽しく、すばらしい講演でした。頭をたたかれたような、目の覚めるような時間でした。」「学校でこのように憲法の大切さを学びたかった。」「一人の力は小さいけれど、皆で力をあわせ、9条を死守していこうと強く思いました。」との感想がでました。 千曲市九条の会では、小森さんの講演会を受けて、市民過半数をめざし、9条の会アピールへの賛同者を増やそうということで、9条の会アピールへの賛同署名の取り組みを定期的に実施することを決めました。 第1回目は、屋代地区で12月23日に実施され、取り組みには、6名のみなさんが参加、1時間30分の取り組みで35名のみなさんのご賛同を得ることができ、賛同者が全体で788名となりました。 お宅を訪問し、署名の趣旨を訴えると、多くの方がその場で署名をしてくださいました。また、じっくりとアピールを読みたいからとおっしゃる方もいました。 参加された方からは、「みなさんの反応がとてもよくて、やりがいを感じる」とか、「よく話を聞いてくれた」などの感想が出ました。 千曲市九条の会では、年始になってからも、1月7日の成人式でのポケットティッシュ配布による「祝成人 あなたも主権者」宣伝行動、1月9日には、第15回9の日宣伝行動、1月20日には、9条の会アピール賛同署名第2回統一行動を埴生地区で実施する予定です。また、1月13日には、千曲市内で6つ目の地区九条の会、上山田九条の会が結成されます。 千曲市九条の会では、3月18日には、九条の会呼びかけ人、澤地久枝さんを講師にお招きし、結成2周年のつどいを開催します。これまでには、9条の会アピールの賛同者を1500人にしたいと、取り組みをすすめています。

   *千曲市九条の会(http://homepage2.nifty.com/chikuma9jo/index.html