事務局からのお知らせ


 九条の会はこの度結成されました「安倍9条改憲NO!全国市民アクション実行委員会」に参加して、安倍9条改憲NO!の3000万人署名運動などを共に運動を進めることにいたしました。つきましては、全国の九条の会のみなさんも各地でこうした方向で協力して頂けますよう、訴えます。          九条の会

安倍9条改憲を阻むために全国の九条の会は立ち上がろう
              2017年9月6日    九条の会事務局

 安倍首相は、日本国憲法施行70周年の5月3日、あえて挑戦するように新たな改憲の提言を行いました。今回の安倍改憲は、9条1項、2項を残しながら、新たに自衛隊保持を憲法に明記することで、9条を根本的に変質させ日本を「戦争する国」に転換しようという重大なねらいをもっています。森友、加計学園にみられる行政の私物化、自衛隊日報隠し、共謀罪法案の強行採決などとどまることを知らない悪政に対する怒りが噴出し、都議会議員選挙で安倍自民党は大敗し、その後も安倍政権は支持率の低下が続いていますが、首相は改憲を強行する決意を変えていません。憲法と日本の進路は今、戦後最大の岐路を迎えています。
安倍改憲を広範な共同で阻もうと、総がかり行動実行委員会をさらに広げ、19名の発起人の訴えに基づき「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」が発足し、3000万署名を軸に安倍改憲を阻む行動が呼びかけられています。
九条の会は、結成以来憲法を改変するさまざまな企てに反対する行動の先頭に立ってがんばってきましたが、共同の行動のよびかけに名前を連ねることは控えてきました。9人のよびかけで発足した九条の会の役割は、あくまで全国7000余にのぼる九条の会の交流や連絡調整に当たることにあり、その多様な活動を縛ることは避けたいという思いからでした。
しかし、安倍改憲の企てを阻むことは、2004年に九条の会が出発したそもそもの目的にほかなりません。そこで、会事務局は、よびかけ人と世話人の了解もいただいて、「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」に組織として参加し、他団体と協力して活動する決断をしました。安倍改憲を阻むため、全国市民アクションの一員として全力をあげる決意です。
この重大な局面に立って、安倍改憲を阻む大きな共同の闘いを起こすため、全国の九条の会のみなさんに、以下の3つの行動に立ち上がることを訴えます。
1 すべての会が、学習会を持ち、市民とともに、安倍9条改憲の危険性を改めて確認しましょう。
2 全国市民アクションが掲げる3000万署名を達成するために、会毎に目標をたて、戦争法廃止2000万署名の経験を生かしながら、全国津々浦々の草の根で宣伝と対話を広げ署名の輪を広げましょう。
3 それぞれの地域で他団体と協力し合って市民アクションを立ちあげ、安倍改憲阻止のための市民アクションの取り組みに積極的に参加し、共同の輪を広げましょう。

※署名用紙は九条の会のサイトからダウンロードできます。


九条の会ブックレット「安倍9条改憲は戦争への道」発売中

内容:2017年6月20日開催の九条の会事務局主催学習会の講演に、それぞれの講演者が手をいれたもの。
 @「安倍首相の改憲発言−そのねらいと危険性」
    渡辺 治さん(一橋大学名誉教授・政治学・九条の会事務局員)
 A「安倍首相の改憲発言−その憲法論的検討」
    浦田一郎さん(一橋大学名誉教授・憲法学)
 B資料など
A5判84頁 頒価500円(郵便料金別途)10冊以上の申し込みは8掛け。送料は購入者負担。
ご注文は九条の会事務局へ、メールかFAXで。


九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中

  九条の会サイトに図版が掲載してあります。
  ポスターは、  1枚  100円  
         10枚〜  90円
         30枚〜  80円
         50枚〜  70円  
  送料は、購入者負担です。
  ご注文は九条の会事務局へ、メールかFAXで。


「安倍9条改憲を止めよう!全国交流討論集会」を開催します

 日時:2017年10月8日(日)午後1時30分から
 会場:文京区民センター3A会議室
   (東京都文京区:都営地下鉄春日駅すぐ、JR水道橋駅から徒歩10分)
    http://www.city.bunkyo.lg.jp/gmap/detail.php?id=1754
 参加は各地・各分野などの九条の会からに限ります。それぞれの九条の会から代表の派遣をご予定ください。 参加ご希望の方はお名前、所属9条の会、連絡先などを書いて、九条の会事務局までお送りください。
参加費:1000円

各地から(全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!)

催し案内や活動報告の掲載原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はチラシなどの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際して若干、手を加える場合があります。
                                                    (編集部)


小千谷9条の会(新潟県小千谷市)

戦争体験を聞くつどい
日時:9月16日(土)14:00〜15:30
演題:「長岡空襲 母と二人猛火を逃れて」
語る人:金子登美さん(83才)
場所:サンプラザ多目的ホール
参加費:300円(高校生以下無料)
主催:小千谷9条の会     
連絡先:(事務局 吉村)電話 0258-82-3893


千葉県障害者・患者9条の会(千葉県)

講演と歌声の集い
日時:9月17日(日)13時30分〜16時
会場:千葉市中央コミュニティセンター6階 音楽室2 (千葉市役所前)
講師:土居太郎さん(弁護士)
主催:千葉県障害者・患者9条の会
連絡先:TEL・FAX 043−308―6621 
    メール shochiren@bf.wakwak.com


コープ9条の会(静岡県浜松市)

第1回 憲法カフェ
日時:9月20日(水) 10時〜12時
ところ:クリエイト浜松2F
お話:小笠原里夏さん(弁護士)
参加費:300円
主催:コープ9条の会
連絡先:(事務局 伊藤泉)電話090-5111-3005


佐野九条の会(栃木県佐野市)

講演会:安倍政権と東アジアの安全保障
日時:9月24日(日) 1時30分〜4時30分
   1時30分〜 オープニングコンサート
   2時10分〜 講演
講師:孫崎享氏(東アジア共同体研究所所長)
会場:佐野市文化会館小ホール(栃木県佐野市浅沼町508−5)
主催:佐野九条の会


住吉・今井九条の会(神奈川県川崎市中原区)

住吉・今井九条の会9月定例会:安倍首相の「2020年改定憲法施行」提案の背景
日時:9月30日(土)14:00〜16:30(開場1:30)
講師:俵 義文さん(子どもと教科書全国ネット21事務局長)
会場:川崎市平和館(東急東横線武蔵小杉駅から徒歩約10分)
資料代:300円 事前申し込み不要
主催:住吉・今井九条の会   
協賛:九条の会中原区連絡会
連絡先:044-435-8801(事務局前田)
メールアドレス:232esperanza323@gmail.com


第9条の会・浜松(静岡県浜松市)

市民の日曜討論「改憲と安倍政権-私たちは、どう向き合うか」
日時:10月1日(日) 14時〜16時30分(予定)
ところ:コミュティカフェ・パオ
ゲスト:水戸潔さん、永井徹さん 小黒啓子さん
参加費:カンパ
主催:第9条の会・浜松
連絡先:神田一男 電話090-7023-0337


平和憲法を広める狛江連絡会・こまえ九条の会(東京都狛江市)

秋の学習会:いまこそ民主主義の再生を〜新しい政治参加への希望〜
日時:10月15日(日)午後2時〜4時30分(開場1時半)
講師:中野晃一さん(立憲デモクラシーの会等の呼びかけ人、上智大学教授)
会場:狛江市民センター(中央公民館)地下ホール
参加費:500円(学生、障がいのある方は無料)
主催:平和憲法を広める狛江連絡会、こまえ九条の会
連絡先:03−3488−1437(小俣)
ホームページ:http://www.asahi-net.or.jp/~xe8m-sgi/

活動報告

(メルマガ編集部より) 各地の「活動報告」の原稿をお送り下さい。さまざまな取り組みをできるだけ500字程度にまとめて、編集部までメールでお送り下さい。「こんな活動もある」「こんな運動もできる」「私たちもやってみようか」、さまざまな感想が期待されます。原稿は編集の都合上、若干、手を入れる場合があります。お待ちします。


宮城県内30万部のチラシを配布(宮城県内九条の会連絡会)

 宮城県内の九条の会の連絡体、宮城県内九条の会連絡会(130組織)は5月の憲法記念日に当たり日本国憲法施行70周年を記念し、A2判の大判チラシを30万枚作成、8月までの4か月間に29万5千枚を配布しました。残り5千枚も配布し切る所存です。
 9月からは安倍首相の「2020年安倍改憲」に反対するチラシの発行を思案中。
宮城県内には130の九条の会があります。県内人口231万人、世帯数98.7万世帯。朝刊発行部数62万部。30万部は総世帯の3分の1、発行新聞紙の2分の1.まだまだ力不足ですが、3年前の35万部に次ぐ、2回目の全県対象の配布活動。
 九条の会など組織を通しての配布と、地域での戸別配布を併用。一人当たりの2時間当たりの戸別配布枚数(都市部)は男性300枚、女性200枚。
 2015年4月には県南地域9市町対象に900名の集会を開催し小森陽一先生が講演、昨年4月は県北で1100名の集会を開催し小林節先生の講演。前者では9市町村の内九条の会は4、準備会2だったのが9市町村全部で会を結成、県北では11市町村の内従来の4市町村に加え4市町村で結成。宮城県内36市町村の内32の市町村で会が結成されました。
 8月26日(土)には県内九条の会の総会を開催、180名が集まって、渡辺治先生の1時間半に及ぶ講演で学びました。安倍改憲を打ち破る貴重な学習会でした。
 九条の会の力が及ばない地域がまだあることから一層頑張らねば、と考えています。
 全世帯98万、新聞を取っている62万世帯に完全配布する力を付け、36市町村全自治体に九条の会を作り上げたいものです。
 「2020年安倍改憲」を阻止するために!(全国の経験交流をしたいものです。)


9条改憲は許さない「私の一言」運動(憲法9条の会inとやま)

 憲法9条の会inとやまでは、9条改憲は許さない「私の一言」運動を始めました。
 呼びかけ人など18名から第1回の「私の一言」をお寄せいただき、本日記者発表。「私の一言」は、新しく開設したホームページに掲載しました。これから大きく広げていく運動です。「私の一言」に地域的垣根はありませんので、全国からも「私の一言」をお寄せください。
憲法9条の会inとやま・ホームページ
http://www7b.biglobe.ne.jp/~intoyama9jo/
Eメールアドレス intoyama9jo@outlook.jp


編集後記〜安倍9条改憲NO!全国市民アクションの運動が始まりました

安倍晋三首相らが企てる9条改憲を阻むために、お互いが正念場と思います。全国の津々浦々から行動を起こしましょう。(T)