事務局からのお知らせ


安倍9条改憲NO! 3000万署名達成へ 九条の会アピール

 安倍首相は25日、森友文書改ざん等への国民の大きな批判がまきおこっているさなか、自民党大会のあいさつで、あらためて「(9条に)自衛隊を明記し、違憲論争に終止符を打とうではありませんか」と9条改憲への強い決意を表明しました。自民党もこれを受け、改憲案の国会発議にむけ「改正案を示し、憲法改正の実現を目指す」との大会方針を決定しました。これは、民主主義の根本に対する許しがたい攻撃あり、日本国憲法はいま、戦後もっとも重大な岐路に直面させられています。
 具体的な条文案は野党や世論の反応をみながら最終確定するとしているものの、自民党がこれまでの論議を通じてまとめた9条改憲案は、安倍首相の提起をそのまま取り入れ、戦争放棄を定めた1項と戦力不保持を決めた2項を維持しながら、「9条の2」を新設し「前条の規定は…自衛のための措置を妨げず、そのための実力組織として…自衛隊を保持する」と明記することで現行の9条1項2項を死文化してしまおうとするものです。注目しなければならないのは、改憲案で保持が認められた自衛隊は、あの戦争法(安保関連法)で海外での武力行使に乗りだした自衛隊だという点です。それどころか、改憲案は、わざわざ「自衛のための」措置という文言を挿入することで、戦争法ですら認めなかった集団的自衛権の全面的な行使にまで道を拓こうとしています。
 また、自民党の「緊急事態条項」に関する改憲案の危険性も9条改憲と連動して見逃せません。改憲案は、「大地震その他の異常かつ大規模な災害」の際の国会議員の任期延長に加え内閣による政令制定権を規定しています。この「緊急事態条項」は軍事的な緊急事態での政府権限の拡大や人権の制限にも適用される危険をはらんでいます。
 安倍政権は集団的自衛権行使の閣議決定や戦争法などによって、アメリカとともに地球的規模で「戦争する国」づくりへの道を切り拓いてきました。安倍9条改憲がその総仕上げとなることは明らかです。 こうした9条改憲は朝鮮半島危機の武力による「解決」を鼓舞し、その平和的解決に逆行するばかりか、東北アジアの軍拡競争をあおり立てるものです。
 先の戦争における日本人310万人、日本の侵略によってもたらしたアジア諸国民2000万人という痛恨の犠牲への深い反省にたって定められた9条をこのような形で改悪することは絶対に容認できません。
 安倍政権は森友文書の改ざん問題をはじめとした数々の悪政により追い詰められ、改憲強行のスケジュールも大幅に後退を余儀なくされています。しかし、安倍政権が続く限り改憲の動きは止みません。この歴史逆行の企てを許さない保障は、いまおこなわれている森友問題糾弾の世論をさらに高めることとあわせ、九条の会も参加する「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」が取り組む3000万署名を必ず達成し、9条改憲の国会発議を許さない大きな世論を作り上げることです。そして安倍首相を退陣に追い込むことです。
 すべての皆さんがこの歴史的な運動に参加されることを心からよびかけます。
                                       2018年3月30日 九条の会


9条改憲NO!平和といのちと人権を!5.3憲法集会2018 未来の命のために

http://kaikenno.com/?p=443
日時:5月3日(木・休)11:00START 
会場:有明防災公園(東京臨海広域防災公園)
      りんかい線国際展示場駅、ゆりかもめ有明駅
主催:安倍9条改憲NO!全国市民アクション(九条の会も参加しています)
                        戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会


九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中

  3000万署名運動の中で活用してください。街中の空気を変えましょう。街頭署名の際の署名版の前垂れにも最適です。九条の会サイトに図版が掲載してあります。
1枚:100円   10枚〜:90円    30枚〜:80円   50枚〜:70円  
送料は、購入者負担。ご注文は九条の会事務局へ、メールかFAXで 。


メルマガについてのお詫びとお願い

 サーバーが不調で、一部読者の方にメルマガが届かない事象が起きています。鋭意、対処に努めていますが、原因不明のため復旧の見通しがついておりません。届いていない方は、しばらくの間、九条の会のホームページからご覧くださいますよう、お願い致します。
なお、メルマガを登録しているのに着信しない方は、登録されているアドレスから、下のアドレス宛てに、その旨をお知らせいただけると幸いです。  q_jounokai@yahoo.co.jp
                              2018年3月18日 九条の会メルマガ編集担当

各地から(全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!)

催し案内や活動報告の掲載原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はチラシなどの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際して若干、手を加える場合があります。
                                                    (編集部)


天竜平和を守る会(9条の会)(静岡県天竜市)

講演会:「自衛隊」9条加憲ならこんなに変わる日本社会
日時:4月15日(日)13:00〜15:00
会場:浜松市天竜区二俣協働センター
講師:小笠原里香弁護士
入場無料
主催:9条改憲NO!天竜の会
連絡先:鈴木忠美:053-925-4396 西尾安夫:053-925-5420


富士見町九条の会(東京都東村山市)

「改憲めぐる情勢をどう見るか」
日時:4月15日(日)午後1時〜3時
問題提起:世話人・山澤(討論で情勢の理解を深めます)
場所:富士見公民館・2階 第1集会室
主催:富士見町九条の会  
連絡先:山澤(080-3154-5059)


私学九条の会・東京(東京都)

結成12周年記念/第41回憲法学習会
日時:4月17日(火)18時30分〜20時40分
講師:朝岡 勝さん(日本同盟基督教団徳丸町キリスト教会牧師)
演題:剣を鋤に、槍を鍬に―キリスト者として憲法を考える
会場:全国教育文化会館地下会議室(有楽町線「麹町」下車2分)
参加費:500円 (どなたでも参加できます)
主催:私学九条の会・東京
連絡先:03−3230−4091(東京私教連)


東北女性弁護士9条の会(宮城県)

講演会「安倍政権とジャーナリズムの危機」〜新聞記者としての私のたたかい
日時:4月20日(金)午後6時開演
会場:仙台弁護士会館4F(仙台市青葉区一番町2−9−18)
講師:望月衣塑子さん(東京新聞記者)
入場無料・予約不要
主催:東北女性弁護士9条の会
問合せ:佐久間敬子法律事務所 022-267-2288 小嶋妙子法律事務所 022-225-5108


女性「九条の会」(東京都)

学習会「軍隊と自衛隊 どこが違う?!」
日時:4月21日(土)14:00〜16:30
場所:文京区男女平等センター1階研修室A(東京メトロ丸の内線・都営地下鉄大江戸線「本郷三丁目」下車 徒歩5分)
テーマ: 「軍隊と自衛隊 どこが違う?!」
講師: 種田和敏さん(城北法律事務所所属 弁護士)
資料代: 1,000円
主催:女性「九条の会」
連絡先:電話03-5981-8441 Fax:03-5981-8474


千住九条の会(東京都足立区)

千住九条の会第3回定期総会
日時:4月29日(日・休) 14時開会
場所:千住介護福祉専門学校5階講堂
内容:15時30分より 文化イベント
日本国憲法前文・9条群読「千住 憲法群読の会」指導・ 劇団民芸 前田真里衣
ミニライブ 橋本のぶよ(シンガーソングライター)
参加費無料
主催:「千住九条の会」
連絡先:090-6953-7144(中田)


ふじさわ・九条の会(神奈川県藤沢市)

13周年のつどい「八法亭みややっこの目からうろこの憲法噺!」
日時:4月30日(月、休)13:30〜15:30
講師:八法亭みややっこ(飯田美弥子、弁護士) 
会場:藤沢市民会館小ホール(藤沢駅南口徒歩10分) 
終了後パレード 
参加費:前売り500円、当日700円 
主催:ふじさわ・九条の会 
連絡先:090-7949-9854(吉塚さん)


えびな・九条の会(神奈川県海老名市)

えびな・九条の会全体集会
日時:5月13日(日)13:40〜16:10記念講演 元財務相 藤井裕久さん
演題:若い人に味わわせたくない戦争の恐怖−憲法9条にふれて 
会場:海老名市文化会館(海老名駅西口徒歩5分) 
参加費無料 事前申込制 申込先:046-232-7991(荒川さん)、046-238-1800(稲垣さん) 
主催:えびな・九条の会

活動報告

(メルマガ編集部より) 各地の「活動報告」の原稿をお送り下さい。さまざまな取り組みをできるだけ500字程度にまとめて、編集部までメールでお送り下さい。「こんな活動もある」「こんな運動もできる」「私たちもやってみようか」、さまざまな感想が期待されます。原稿は編集の都合上、若干、手を入れる場合があります。お待ちします。


九条科学者の会

 3000万署名に向け、リーフレット「自民改憲案の4項目はどれも問題だらけ」を2万部作成しました。見出しを紹介すると、「国民の多数は改憲に反対!」、「『自衛隊を規定するだけで何も変わらない』は本当か?」、「改憲は日米支配層の要求の結節点」など、字が多いというきらいがありますが、プロによる美しいデザインで、思わず手にとって読みたくなるような仕上がりです。みなさんにもきっとお役に立てていただけると思い、無料で提供していますので、ご希望の向きは、必要部数と送付先を付して、下記へご連絡ください。
 九条科学者の会 (FAX 03-3811-8320、メール m-office@9-jo-kagaku.jp


編集後記〜自民党はこの自衛隊を憲法に書き込むのか

 行政府による隠蔽、改ざん、捏造(ねつぞう)は防衛省にまで波及。自民党・二階俊博幹事長「国会を通じて、すべてうみを出しきる」。自民党・森山裕国対委員長は「国民の信頼を裏切るもので、到底許されない。ことの重大性を共有している。全容解明、再発防止を急ぐべきだ」。公明党・大口善徳国対委員長「シビリアンコントロール(文民統制)の根幹を揺るがすもので許せない。日報は公文書であり、国民の知的財産だ。立法府としての真相解明が極めて重要だ」 などなど。それならば憲法9条に自衛隊の根拠規定を書きこむなどという議論の前提が崩れている。(T)