事務局からのお知らせ


安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名、5月3日発表で1350万筆に到達しました。ひきつづき3000万目指して頑張りましょう。

5月3日、東京有明防災公園で開催された「5・3憲法集会」で、全国アクション実行委員会は4月末日までに集約された署名の総数が1350万筆と発表しました。素晴らしい成果です。この力が改憲発議を阻止する原動力です。
実行委員会は引き続き3000万筆の達成目指して頑張るよう、呼びかけています。


安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名「全国一斉街宣・署名週間」(5月24〜30日)の呼びかけ

 全国各地で「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名」(3000万人署名)に取り組んでおられるみなさん。
 3000万人署名は4月25日の第2次集約(5・3憲法集会で発表予定)を経て、いよいよ5月末日の第3次集約をめざすことになります。そこで、次のような要領で「全国一斉街宣・署名週間」の設定と実施を呼びかけます。各地域のみなさんが、これの呼びかけに応じて第3次集約へのもうひと踏ん張りをしていただければ幸いです。
@「一斉街宣・署名週間」の期日は、今国会への提出に勢いをつける意味で、第3次集約日の5月31日(木)をめざし、5月24〜30日とします。ただし、すでに同様の行動を連休以降に計画されている地域・団体に変更を求めるものではありません。
A「一斉街宣・署名週間」に取り組まれる地域都内では、そのプランや結果などについて、全国市民アクションにメールでお知らせくださるようお願いします。メルアドは、info@kaikenno.com です。
 安倍政権は、森友・加計疑惑と公文書改ざん、事実の否定や隠蔽、自衛隊の「日報」隠しや野党政治家への暴言、労働法制改悪に虚偽データの利用、財務事務次官のセクハラ問題など、“ウミだらけ”の姿が明らかになり、政府・官僚としても個人としても信用が失墜し、支持率も大幅に下落しています。
 しかし、腐敗堕落した権力者は、<自然に>あるいは自ら退陣することはありません。国会での立憲野党の結束と鋭い追及、市民運動の大きなうねりとひろがり、国際的信用の喪失、そして、それらすべてが合流した<世論の力>によって打ち倒すしかありません。いま、安倍政権は大きく追い詰められていますが、退陣させるには、もうひと押し、ふた押しが必要です。
 そして、安倍首相をはじめとする自民党の積極改憲派にとって、「今国会で改憲発議」というシナリオはほぼ絶望的になってきました。安倍政権の退陣を実現することができれば、「安倍9条改憲」をくいとめることができます。
 そのため、5月末の「全国一斉街宣・署名週間」をぜひ成功させましょう。
          2018年4月25日 安倍9条改憲NO!全国市民アクション


安倍9条改憲NO! 3000万署名達成へ 九条の会アピール

 安倍首相は25日、森友文書改ざん等への国民の大きな批判がまきおこっているさなか、自民党大会のあいさつで、あらためて「(9条に)自衛隊を明記し、違憲論争に終止符を打とうではありませんか」と9条改憲への強い決意を表明しました。自民党もこれを受け、改憲案の国会発議にむけ「改正案を示し、憲法改正の実現を目指す」との大会方針を決定しました。これは、民主主義の根本に対する許しがたい攻撃あり、日本国憲法はいま、戦後もっとも重大な岐路に直面させられています。
具体的な条文案は野党や世論の反応をみながら最終確定するとしているものの、自民党がこれまでの論議を通じてまとめた9条改憲案は、安倍首相の提起をそのまま取り入れ、戦争放棄を定めた1項と戦力不保持を決めた2項を維持しながら、「9条の2」を新設し「前条の規定は…自衛のための措置を妨げず、そのための実力組織として…自衛隊を保持する」と明記することで現行の9条1項2項を死文化してしまおうとするものです。注目しなければならないのは、改憲案で保持が認められた自衛隊は、あの戦争法(安保関連法)で海外での武力行使に乗りだした自衛隊だという点です。それどころか、改憲案は、わざわざ「自衛のための」措置という文言を挿入することで、戦争法ですら認めなかった集団的自衛権の全面的な行使にまで道を拓こうとしています。
また、自民党の「緊急事態条項」に関する改憲案の危険性も9条改憲と連動して見逃せません。改憲案は、「大地震その他の異常かつ大規模な災害」の際の国会議員の任期延長に加え内閣による政令制定権を規定しています。この「緊急事態条項」は軍事的な緊急事態での政府権限の拡大や人権の制限にも適用される危険をはらんでいます。
安倍政権は集団的自衛権行使の閣議決定や戦争法などによって、アメリカとともに地球的規模で「戦争する国」づくりへの道を切り拓いてきました。安倍9条改憲がその総仕上げとなることは明らかです。 こうした9条改憲は朝鮮半島危機の武力による「解決」を鼓舞し、その平和的解決に逆行するばかりか、東北アジアの軍拡競争をあおり立てるものです。
先の戦争における日本人310万人、日本の侵略によってもたらしたアジア諸国民2000万人という痛恨の犠牲への深い反省にたって定められた9条をこのような形で改悪することは絶対に容認できません。
安倍政権は森友文書の改ざん問題をはじめとした数々の悪政により追い詰められ、改憲強行のスケジュールも大幅に後退を余儀なくされています。しかし、安倍政権が続く限り改憲の動きは止みません。この歴史逆行の企てを許さない保障は、いまおこなわれている森友問題糾弾の世論をさらに高めることとあわせ、九条の会も参加する「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」が取り組む3000万署名を必ず達成し、9条改憲の国会発議を許さない大きな世論を作り上げることです。そして安倍首相を退陣に追い込むことです。
すべての皆さんがこの歴史的な運動に参加されることを心からよびかけます。
                                         2018年3月30日 九条の会


九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中

3000万署名運動の中で活用してください。街中の空気を変えましょう。
街頭署名の際の署名版の前垂れにも最適です。九条の会サイトに図版が掲載してあります。
1枚:100円   10枚〜:90円    30枚〜:80円   50枚〜:70円  
送料は、購入者負担。ご注文は九条の会事務局へ、メールかFAXで 。


メルマガについてのお詫びとお願い

サーバーが不調で、一部読者の方にメルマガが届かない事象が起きています。鋭意、対処に努めていますが、原因不明のため復旧の見通しがついておりません。届いていない方は、しばらくの間、九条の会のホームページからご覧くださいますよう、お願い致します。
なお、メルマガを登録しているのに着信しない方は、登録されているアドレスから、下のアドレス宛てに、その旨をお知らせいただけると幸いです。  q_jounokai@yahoo.co.jp
                              2018年3月18日 九条の会メルマガ編集担当

各地から(全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!)

催し案内や活動報告の掲載原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はチラシなどの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際して若干、手を加える場合があります。
                                                    (編集部)


高梁9条の会(岡山県高梁市)

結成13周年市民の集い「戦争体験の話と記念講演」
日時:5月20日(日)13:30〜16:00
ところ:高梁総合文化会館2階
私の戦争体験:山本都久子さん(たかはしWithフォーラム運営委員長)
記念講演:長久啓太さん(岡山県学習協会)「そこがしりたい 9条改憲って何?」
主催:高梁9条の会 090−7997−5911
後援:高梁市、高梁市教育委員会、吉備ケーブルテレビ、山陽新聞社、毎日新聞岡山支局、朝日新聞岡山支局


東郷9条の会(愛知県東郷町)

人気経済学者 浜矩子講演会
日時:5月20日(日)14:00〜16:30(13:30開場)
会場:東郷町民会館ホール(愛知郡東郷町春木北反田14)
参加費:500円(中学生以下無料)
主催:浜矩子講演会実行委員会
チケット問い合わせ先:三宅…090-4155-0927
e-mail : hamanori0520togo@gmail.com


千住九条の会(東京都足立区)

「奴らを通すな! ノーパサラン」集会
日時: 5月22日(火) 16時30分開会
会場:東京芸術劇場 21階 天空劇場(北千住駅西口下車 徒歩10分)
文化行事:「日本国憲法前文・第9条」群読 指導 劇団民藝 前田真里衣
フォルクローレ ミニライブ(ベンセレーモス、コンドルは飛んで行く 他)
クロストーク 小森陽一(九条の会事務局長 東京大学教授) 楠秀樹(大学講師 ) 白神優理子(弁護士) 元山仁士郎(元SEALDs琉球) 馬場ゆきの(未来のための公共)
参加費:無料
主催:千住九条の会 東京民医連東部・東葛ブロック
共催:9条の会足立連絡会
連絡先:090-6953-7144(中田)


九条の会.ひがしなだ協力企画(兵庫県神戸市)

講演会:個人の尊厳を大切にする日本国憲法と教育
講師:前川喜平さん(前文部科学省事務次官)
日時:5月26日(土)19時〜(18時半開場)
場所:兵庫県民会館けんみんホール(9階)
参加費:1,000円
主催:5.26前川喜平さん神戸講演会実行委員会
問合せ:080-1485-5603(西谷)

活動報告

(メルマガ編集部より) 各地の「活動報告」の原稿をお送り下さい。さまざまな取り組みをできるだけ500字程度にまとめて、編集部までメールでお送り下さい。「こんな活動もある」「こんな運動もできる」「私たちもやってみようか」、さまざまな感想が期待されます。原稿は編集の都合上、若干、手を入れる場合があります。お待ちします。


北多摩東退職教職員の会 九条の会(小金井市)

創立30周年を記念してブログを開設しました。会が毎年開いている「まんさく展」の『教え子を再び戦場に送るな』、『平和の鳩を飛ばそう』に寄せられた会員の声を載せています。戦争体験の声もあります。担当 青柳
URLはhttp://mansakuten.blog.jpです。


編集後記〜5・3憲法集会にみなぎる力、全国で250か所以上

 東京有明の広域防災公園では同集会実行委員会。「総がかり行動実行委員会」「9条改憲NO!全国市民アクション」の共催で「9条改憲NO! 平和といのちと人権を! 5・3憲法集会」が開催され、6万人の市民が参加。野党4党の代表と各界の人々がアピールしました。会場では各地の九条の会ののぼり旗がたくさん翻っていました。この力でさらに「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名」に向けて奮闘しましょう。安倍政権退陣、安倍9条改憲発議阻止! (T)