事務局より


3000万署名運動は続いています
3000万人署名を達成し、安倍9条改憲に終止符を
               2018年6月1日 九条の会

 あいつぐ悪政に対する怒り、そして3000万人署名の広がりが、いま安倍政権を急速に窮地に追い込んでいます。  森友学園建設に絡む文書改ざん、加計学園の獣医学部新設への関与、うそにうそを重ねる答弁、さらに自衛隊の「日報隠し」は、安倍首相、安倍政権に対する不信を高め、内閣支持率は支持と不支持が逆転する状況が続いているばかりか、こんな安倍首相に改憲を語る資格はない、という声が増大しています。  「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」が提起した3000万人署名への賛同者は、4月末日現在で1350万人を超え、安倍政権に対する怒りと不信の高まりにあわせて急速に人々の数をふやしています。草の根の市民の会や九条の会の中には、自分たちでたてた目標を達成するところが次々に生まれています。  安倍首相がもくろんだ今通常国会への改憲原案の提出と発議は実行できる見通しがたたなくなり、改憲強行のスケジュールは大幅な後退を余儀なくされています。  9条改憲の危険性、時代錯誤も明らかになっています。  いま、米朝さらには南北朝鮮の間で、朝鮮半島の非核化と長く続く「休戦状態」を終結させる努力が続けられています。ジグザグはありながら、力づくではなく話し合いにより平和を実現する道が模索されています。これこそ、9条がめざす道です。  ところが、いま安倍9条改憲がめざすのは、話し合いによる道とは全く逆、米軍の北朝鮮攻撃に日本が武力で加担する体制をつくることであり、武力による「解決」を加速する方向にほかなりません。このような改憲を許すわけにはいきません。  しかし、安倍政権、自民党は9条改憲の強行をなおあきらめていません。今国会で改憲手続法の改正を実現することで改憲の火を継続させ、ほとぼりを冷まして、秋の臨時国会での改憲原案の提出をねらっています。  安倍改憲に終止符をうつには3000万人署名の力で改憲発議を断念させ、安倍政権を退陣に追い込むしかありません。安倍政権を退陣に追い込んでこそ、改憲の策動は止まります。  いま、全国津々浦々で3000万人署名のとりくみが精力的にすすめられています。しかし、安倍首相のもくろむ9条改憲に危惧や不安を持ちながら声をあげる機会をもたない人々、署名のよびかけを待っている人々が、全国に、まだまだたくさんいることも間違いありません。  何としても、3000万人署名を達成しましょう。改憲発議を断念させ、9条改憲に終止符をうちましょう。


九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中

3000万署名運動の中で活用してください。街中の空気を変えましょう。
街頭署名の際の署名版の前垂れにも最適です。九条の会サイトに図版が掲載してあります。
1枚:100円   10枚〜:90円    30枚〜:80円   50枚〜:70円  
送料は、購入者負担。ご注文は九条の会事務局へ、メールかFAXで 。


メルマガについてのお詫びとお願い

サーバーが不調で、一部読者の方にメルマガが届かない事象が起きています。鋭意、対処に努めていますが、原因不明のため復旧の見通しがついておりません。届いていない方は、しばらくの間、九条の会のホームページからご覧くださいますよう、お願い致します。
なお、メルマガを登録しているのに着信しない方は、登録されているアドレスから、下のアドレス宛てに、その旨をお知らせいただけると幸いです。  q_jounokai@yahoo.co.jp
       2018年3月18日 九条の会メルマガ編集担当

各地から(全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!)

催し案内や活動報告の掲載原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はチラシなどの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際して若干、手を加える場合があります。
                                                   (編集部)


宮前九条の会(神奈川県川崎市)

学習会:日本会議と「明治150年」
日時:6月30日(土)午後2時〜4時30分(開場:午後1時30分)
講師:成澤宗男さん(週刊金曜日編集部)
場所:宮前市民館 第4会議室(川崎市宮前区宮前平2−20−4。
       東急田園都市線宮前平駅下車徒歩10分)
資料代:300円
主催:宮前九条の会
連絡先:044−855−8896(若原)
詳細は http://miyamae9.web.fc2.com/contents/gakusyukai.html


九条の会.ひがしなだ(兵庫県神戸市)

シリーズ私の戦争体験その13戦災を生き延び、平和を求めて〜「住吉」駅南の空襲で、死に直面〜
日時:7月1日(日)14時〜(13時半開場)
語り部:増川宏一さん(伊丹市在住)
場所:神戸市東灘区民センター第1会議室(8階)
参加協力費:500円
主催:九条の会.ひがしなだ
問合せ:080-1485-5603(西谷)


比企地域九条の会(埼玉県松山市)

映画「米軍が最も恐れた男〜その名は、カメジロー」
日時:7月7日(土)@10:30〜、A13:30〜、B16:30〜
入場料:999円(高校生以下、障がい者無料)
会場:松山市民活動センター(旧・中公民館)ホール
主催:上映実行委員会(東松山九条の会、よしみ九条の会、鳩山九条の会、おがわ九条の会、嵐山九条の会、かわじま九条の会)
連絡先:0493−23−9311


落合・中井九条の会(東京都新宿区)

第157回落合・中井九条のつどい
7月14日(土)12:45〜14:45
ドキュメンタリー映画鑑賞「チャルカ〜未来を紡ぐ糸車〜」
場所:武蔵大学江古田キャンパス大講堂(12時30分までに入り口に集合下さい)。「被爆者の声をうけつぐ映画祭2018」
https://hikakueiga.exblog.jp/
で他の映画、催しを参照下さい。
主催:落合・中井九条の会
連絡先:木村 隆 電話・FAX:3951−0573
    Email : otiainakai9jo@mbr.nifty.com


根岸線沿線九条の会(神奈川県横浜市)

講演と音楽の夕べ
日時:7月21日(土)18:50〜21:00
会場:杉田劇場ホール(JR新杉田駅直結、らびすた4・5階)
講演:宇都宮健児さん(弁護士)
演題:広がる貧困・格差をめぐる情勢〜憲法改悪を許さないために」
音楽:ヴァイオリン 石井夕紀さん、ピアノ 清水智子さん「リベルタンゴ」ほか 
参加費:1000円
主催:根岸線沿線九条の会
問合せ:電話045-833-3092(小林)、045-877-6161(秋吉)、090-7175-1911(後藤)


千住九条の会(東京都足立区)

第7回憲法カフェ特別企画「戦争体験から何を学ぶのか」
日時:7月15日(日)14時〜
会場:日本基督教団北千住教会(北千住駅東口徒歩5分東京電機大学向い)
ミニ講演:「戦後世代の戦争責任」
講師:平沢功氏 (北千住教会牧師 東京関東キリスト者平和の会事務局長)
2名の戦争体験者のお話
お話を受けて/尾嶋史洋(幣原喜重郎憲法9条発案コミュニティ主宰者/千住九条の会世話人)
参加費:300円(お茶、お菓子付)
主催:千住九条の会
連絡先:090-6953-7144(中田)


調布九条の会「憲法ひろば」(東京都調布市)

第138回(7月)例会
テーマ:朝鮮半島の非核化は可能か 非核化・平和の北東アジアへ
日 時:7月26日(木)18時半
お 話:川田 忠明さん 日本平和委員会常任理事
場 所:調布市文化会館たづくり10階「1001」号室
     調布駅南口、調布市役所前
参加費:300円
詳細はWebサイトの「例会案内」をごらんください
    http://www.geocities.jp/chofu9jou/index.html


宮城県内九条の会連絡会(宮城県)

総会&記念講演:小森陽一さん(「九条の会」事務局長、東京大学大学院教授)
日時:7 月 28 日(土) 13:00〜
会場:仙台シルバーセンター第一研修室
入場料:無料
主催:宮城県内九条の会連絡会運営委員会
問合せ:022-728-8812 FAX 022-276-5160


編集後記〜草の根での改憲勢力との激突

 以下は編集子が最近、ある雑誌に書いた原稿の一部です。
 日本会議の櫻井よしこ氏らは、先ごろ「国会よ、正気を取り戻せ」との意見広告を右派系各紙に掲載して、「多くの野党、メディアはモリカケや自衛隊日報の『疑惑』追及に明け暮れ、事の軽重を完全に見失っている」、野党の目的は「安倍首相の掲げる憲法改正阻止にあるのではないか」と嘆いた。桜井氏らの「美しい日本の憲法を作る国民の会」の改憲署名運動は2014年に開始され、約4年を経た今年4月末で1000万に達したと発表されたが、「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」の署名運動は開始後8カ月の4月末で1350万に達し、引き続き3000万をめざしてつづけられている。全国の草の根で安倍改憲を目指す勢力と、それに反対し、9条を生かそうとする勢力の激突が続いている。このたたかいの帰趨が安倍改憲の成否を決める。(T)
(T)