事務局より


まだまだ広げられる! 安倍改憲発議阻止をめざして、さらなる対話運動で、3000万人達成に進もう!3000万人署名はひきつづき継続します。                 九条の会事務局


サイトのトップページ【http://www.9-jo.jp/】上部に「メルマガ登録」「解除」ボタンを設定しました。会員のみなさん、知り合いの皆さんに読者登録をおススメください。

この間、サーバー不調でご迷惑をかけてきましたが、サーバーを一新し、サイトのトップページ(http://www.9-jo.jp/)上部に「メルマガ登録」「解除」ボタンを設定しました。今後の読者登録・解除にご使用ください。
登録希望者はこのボタンからご自分で登録できます。登録料は無料です。
 メルマガを安倍9条改憲阻止の運動に活用してください。各地の催し物や活動報告の記事をお寄せください。                                      九条の会メルマガ編集担当


九条の会アピール 9条改憲NO!の巨大な世論の輪を
 −自民党総裁選・臨時国会を前
にして−

 秋の臨時国会を前に、安倍改憲の策動は新たな局面を迎えています。9月20日の総裁選に立候補を表明した安倍晋三首相は、地元下関で8月12日、「自民党として次の国会で提出できるよう(改憲案の)取りまとめを加速する」と述べました。続けて、麻生派が総裁選に向けての政策提言で打ち出した「来年の参議院選挙までの憲法改正国民投票実施」という方針に「基本的に考え方は全く同じ」と述べて、改憲強行に改めて異常な決意を表明しています。対抗馬の石破茂元幹事長も、9条2項削除による改憲を主張し、緊急事態条項導入などの改憲に意欲を示しています。
 9条2項を維持したまま「自衛隊を憲法に明記する」自民党の9条改憲案が、現在の9条を根本から破壊して、日本をアメリカと一緒に海外で「戦争する国」に変えてしまうことを、すでに私たちは繰り返しアピールしてきました。九条の会も参加して昨年9月からスタートした「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」による3000万署名運動は、5月3日時点で1350万筆に達し、その後も3000万を目指して草の根に広がっています。
 こうした広範な改憲反対の世論を前にして、自民党は、今年の党大会では9条改憲案を正式に決定できず、通常国会の憲法審査会で改憲案について議論することすらできませんでした。「臨時国会で改憲論議に持ち込み、参院選前に国民投票」という安倍首相らの言説は、こうした世論に対するあからさまな挑戦です。
 今、6月の米朝首脳会談等を通じて、アジアの平和実現に向けて大きく前進するチャンスがおとずれています。私たちが、真に平和を望むのであれば、憲法9条の立場を堅持して、この動きに積極的に参画していくことが求められています。それは、沖縄の辺野古新基地、イージスアショア、オスプレイ配備など、日本をアジアにおける戦争の拠点にするたくらみに対して断固として反対することと深く結びついています。また、核兵器禁止条約の署名とその発効に背を向ける政府の立場を転換させることも、アジアの平和の実現に重要な一歩となるでしょう。
 自民党が新たな総裁の下で臨時国会を改憲策動の新たな盛り上げの場にしようとしている今こそ、臨時国会を改憲論議の場に決してさせない、次期通常国会で改憲発議を絶対に許さない、そして来年の参議院選挙では改憲派の3分の2の議席獲得を許さず安倍内閣を退陣に追い込むという意思を固めましょう。それが改憲を阻む最大の保障です。そのために、3000万署名運動の達成を目指して新たな決意で取り組みましょう。                               2018年9月14日 九条の会


九条の会ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中

3000万署名運動の中で活用してください。街中の空気を変えましょう。街頭署名の際の署名版の前垂れにも最適です。九条の会サイトに図版が掲載してあります。
1枚:100円 10枚〜:90円 30枚〜:80円 50枚〜:70円  
送料は、購入者負担。ご注文は九条の会事務局へ、メールかFAXで。

各地から(全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!)

催し案内や活動報告の掲載原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はチラシなどの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際して若干、手を加える場合があります。
                                                   (編集部)


九条の会・千葉医療者の会(千葉県)

市民公開講座
日時:10月14日(日)14:00〜16:00
会場:千葉商工会議所第2ホール(千葉市中央区中央2−5−1千葉中央ツインビル2号館14階)
内容:
@オープニング:南米の民族楽器「アルパ」演奏
A講演「沖縄と憲法9条」
講師:稲嶺進氏(前名護市長)
参加費:無料
共催:九条の会・千葉医療者の会/千葉県保険医協会/千葉県民主医療機関連合会
後援:反核医師の会ちば-核兵器廃絶と脱原発-
◎要事前申し込み 
連絡先:043-248-1617千葉県保険医協会


宮前九条の会(神奈川県川崎市)

学習会・ビデオ鑑賞映画「コスタリカの奇跡」と話し合い
日時:10月14日(日) 14:00〜16:30 
会場:宮前市民館第4会議室(東急田園都市線宮前平駅徒歩10分) 
資料代:300円 
主催:宮前九条の会 
連絡先:044-855-8896(若原)


落合・中井九条の会(東京都新宿区)

第160回落合・中井九条のつどい:沖縄県知事選結果の問いかけるものー沖縄と憲法
とき:10月20日(土)14時〜16時
お話:行方久生さん(元山形大学教授) 
場所:落合第一地域センター3階 第一集会室AB(下落合4-6-7)
主催:落合・中井九条の会
連絡先:木村 隆(電話・FAX:3951−0573)
Email : otiainakai9jo@mbr.nifty.com


富士見町九条の会(東京都東村山市)

中国・南京事件の跡をたどる――旅の報告
日時:10月21日(日)午後1時30分〜3時
場所:富士見図書館2階 集会室
参加費:無料
主催:富士見町九条の会  
連絡先:山澤(080-3154-5059)


私学九条の会・東京(東京都)

第42回憲法学習会
日時:10月20日(土)17時30分〜19時40分
講師:川満 彰さん(沖縄・名護市教育委員会嘱託員)
演題:陸軍中野学校と沖縄戦
会場:全国教育文化会館地下会議室(有楽町線「麹町」下車2分)
参加費:500円 (どなたでも参加できます)
主催:私学九条の会・東京
連絡先:03−3230−4091(東京私教連)


所沢「9条の会」連絡会 (埼玉県所沢市)

講演:「北東アジアの平和をどうつくるか―憲法9条を生かす―」
日時:10月21日(日) 13時30分〜16時(13時開場)
講師:孫崎 享さん(元外務省国際情報局長)
会場:新所沢公民館ホール(西武新宿線新所沢駅下車7分)
主催:所沢「9条の会」連絡会
参加費:500円(以下の佐藤に連絡し、チケットをお求めください)
連絡先:佐藤(04−2942−3159)北川(090−4706−0602)
メール:tosi46300@themis.ocn.ne.jp


埼玉県退職教職員九条の会

憲法学習会(講演会)
日時:10月29日(月)開会13:30
会場:熊谷市緑化センター(高崎線熊谷駅北口より徒歩10分・案内人立ちます)
演題:改憲で日本はどうなるのか〜安倍改憲の危険性を訴える〜
講師:高田健さん(戦争させない・九条壊すな!総がかり行動実行委員会共同代表) 
主催:埼玉県退職教職員九条の会
連絡先:(TEL/FAX)048−873−2920
Eーmail yogawa@ae.auone-net.jp


映画人九条の会(東京都)

映画「松元ヒロが旅するトランプのアメリカ それでも夢があるHOPE」(松元ヒロ×リラン・バクレー監督)上映会
日時:10月29日(月) 18:50〜20:40
会場:文京区民センター3A会議室(地下鉄春日駅徒歩2分) 
参加費:1000円(前売券あり)  
主催:映画人九条の会(03-5689-3970)


大田たまがわ九条の会(東京都大田区)

秋の講演会「権力への視点」
日時:11月2日(金) 午後6時45分〜
演題:「権力への視点」「暴走を止める国民の目」
講師:望月衣塑子さん(東京新聞記者)
会場:大田区民プラザ(多摩川線下丸子駅)
参加費:700円
主催:大田たまがわ九条の会
連絡先:090-6109-6273 info_ota_tama9@yahoo.co.jp
http://www.geocities.jp/ota_tamagawa_9jyou/2018_mochiduki.htm


九条の会

「止めよう!改憲発議−この憲法で未来をつくる 11・3国会前大行動−」
ウソだらけの安倍政治を変えよう!辺野古新基地建設を止めよう!
11月3日(土)14:00〜15:30(13:30〜オープニング)
会場:国会正門前を中心に
主催:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
安倍9条改憲NO!全国市民アクション
連絡先:
戦争をさせない1000人委員会
解釈で憲法9条を壊すな!実行委員会
戦争する国づくりストップ!憲法を守り・いかす共同センター


ぬまづ憲法9条の会(静岡県沼津市)

13周年のつどい」
日時:11月3日(土)開演:13時15分
会場:沼津市立図書館4階 視聴覚室(200名)
第1部:クラリネット演奏 藤井一男さん
第2部:お話し 「今、どうしても話したい事」
    講師:角田由紀子さん(弁護士)
参加費:1000円 学生:無料 (どなたでも参加できます)
主催:ぬまづ憲法9条の会
連絡先:055-921-77551(神田健夫)


佐野九条の会(栃木県佐野市)

「佐野九条の会」設立13周年記念講演
日時:11月4日(日)1時30分〜4時30分
会場:佐野市文化会館小ホール(佐野市浅沼町508−5)
講師:高遠菜穂子氏(イラク人道支援ワーカー)
演題:「イラクから見る日本ー暴力の連鎖の中で考える日本の憲法」入場無料
日程:1時30分〜オープニングコンサート
   2時10分〜記念講演
主催:佐野九条の会   
連絡先:山口徹(電話0283−22−4052)


九条科学者の会(東京都)

2018秋の講演会「アジアのなかの憲法9条」
日時:11月10日(土)13:30〜17:00 (13:00開場)
講演
@東北アジアの平和構築と日本の責任 和田 春樹(東京大学名誉教授・歴史学)
A自民党総裁選と安倍改憲の行方 永山 茂樹(東海大学教授・憲法学)
会場:中央大学理工学部(後楽園キャンパス)5号館 5235教室?予定
共催:九条科学者の会・日本科学者会議
連絡先:電話/FAX: 03-3811-8320


栄区九条の会(横浜市栄区)

栄区九条の会学習会「安倍改憲の危険性と北東アジアの平和の動き」
11月11日(日) 15:30〜17:30 
会場:あーすぷらざ研修室A(JR本郷台駅徒歩3分) 
講師:中祖寅一(しんぶん赤旗政治部記者) 
主催:栄区九条の会 
連絡先:045-891-4939(日隈さん)、090-7175-1911(後藤さん)


守ろう9条 紀の川 市民の会(和歌山県和歌山市)

第15回「憲法フェスタ」
日時:11月11日(日)時間は下記
会場:河北コミュニティセンター(和歌山市市小路192-3)
メイン会場 14:00〜16:30頃
 第1部:ファミリーバンド「Crowfield」
 第2部:講演「自民党改憲案にどう向き合うか〜私たちの具体的な対抗策は〜」
講師:飯島滋明氏(名古屋学院大学教授)
○映像上映 10:30〜12:45
 DVD上映 ─ 「いのちの海 辺野古 大浦湾」
○展示の部屋 10:00〜13:45
  地域のみなさんの文化作品展示と交流・おしゃべりの場
○リサイクルひろば 10:15〜13:00
○写真展示 10:00〜14:00
 「ヒロシマ・ナガサキ 原爆と人間」
参加費:無料/予約不要(会員でなくても参加できます)
詳しくは→http://home.384.jp/kashi/9jowaka/tirasi/18kawafesta.htm
主催:守ろう9条 紀の川 市民の会
連絡先:TEL 073-462-0539 原


みやぎ憲法九条の会(宮城県)

輝け世界に!伝えよう未来へ! 憲法9条を守り生かす宮城のつどい2018
日時:11月18日(日)13:00〜15:30(開場 12:30)
会場:仙台サンプラザホール
第一部 おはなし「私たちが決める日本の未来〜自衛隊
明記どう変わる?私たちのくらし」
講師:伊藤真さん(弁護士、伊藤塾塾長、九条の会世話人)
第二部 ジャズ演奏
出演:仙台弁護士会スイングローヤーズ(仙台弁護士会有志でつくる big band)
入場料:無料
主催:みやぎ憲法九条の会 協賛:宮城県内九条の会連絡会
問合せ先:022-728-8812 FAX:022-276-5160

活動報告

(メルマガ編集部より) 各地の「活動報告」の原稿をお送り下さい。さまざまな取り組みをできるだけ500字程度にまとめて、編集部までメールでお送り下さい。「こんな活動もある」「こんな運動もできる」「私たちもやってみようか」、さまざまな感想が期待されます。原稿は編集の都合上、若干、手を入れる場合があります。お待ちします。


活動報告〜憲法9条を守る瀬戸の会

10、11 月 は 3 0 0 0 万 署 名 目標達成月間
〜 毎日対話、毎日署名。60日間集中して取り組みたいと思います。10月1日から午後4時頃から尾張瀬戸駅前で署名行動をしていると、1日1筆ずつ取れるのです。それ以外に中学生の双子の男の子や、よく市議会を傍聴している方と30分も話し込めたりと、大きな成果があります。人数が増えていけば、もっと多くの対話が進んでいくことでしょう。皆さんご一緒しませんか。


編集後記〜沖縄県知事選で玉城デニー氏が勝利!

 オール沖縄対安倍政権(日本政府・ヤマトの政府)のたたかいだった。過去最多得票の8万票差の文字通り「圧勝」。自公与党の力任せの組織戦とネトウヨの異常な中傷攻撃を跳ね返した勝利だ。知事選での市民+立憲野党の共闘は参院選の共闘の勝利の可能性も示した。(T)