事務局より


梅原猛氏追悼    「九条の会」事務局長 小森陽一

 「九条の会」の呼びかけ人である梅原猛氏が、2019年1月12日逝去された。93歳であった。
 梅原猛氏は1948年に京都大学文学部哲学科を卒業後、立命館大学教授、京都市立芸術大学学長、国際日本文化研究センター初代所長、ものづくり大学初代総長等を歴任された。1997年からは第13代日本ペンクラブ会長をつとめられた。
 日本における仏教の研究を中心に、独自な解釈で日本の古代社会をとらえ直し、その学問は「梅原日本学」「梅原古代学」とも呼ばれた。西洋哲学における「人間中心主義」を批判的にとらえ、「草木国土悉皆成仏」という仏教用語を軸とした独自の哲学を構築した。
 鈴木大拙を近代日本の思想家として高く評価し、彼の「非戦論」をもとに、梅原氏は平和主義を展開し、日本国憲法9条にその体現を見ていた。この立場から「九条の会」の活動にかかわられていた。
 心から哀悼の意を表します。


ひきつづき頑張ろう! 安倍改憲発議阻止をめざして、さらなる対話運動で、3000万人達成に進もう! 改憲発議をかならず阻止しよう! 3000万人署名は継続します。                   九条の会事務局


全国の「九条の会」のみなさんへお願い
 ― 新しい「九条の会」リーフレット発行にあたって ―

 新しく「九条の会リーフレット」を作成しました。これまでの呼びかけ人の紹介と「九条の会アピール」に加えて、12人の世話人の紹介と一言アピールを新たに掲載しました。
 全国の地域、職場、学園の「九条の会」で、このリーフレットを積極的に活用し、「九条の会」の活動を、文字通り全ての人々に伝え、「3000万人署名」の目標を達成すると共に、新たな「九条の会」を結成するなど地域に根ざした大きな運動と世論を作り上げていきましょう。
 
〈新リーフレット〉
値 段 1部30円/100部以上25円/1000部以上20円
           サイズ B6(B4を4つ折りしたもの)
申込は、九条の会へ(Eメールmail@9jounokai.jp) 


サイトのトップページ【http://www.9-jo.jp/】上部に「メルマガ登録」「解除」ボタンを設定しております。ここからご自分で簡単に登録できますので、会員のみなさんに読者登録をおススメください。

 メルマガを安倍9条改憲発議阻止の運動に活用してください。
 各地の催し物案内や活動報告の記事をお寄せください。

各地から(全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!)

催し案内や活動報告の掲載原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はチラシなどの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際して若干、手を加える場合があります。
                                                   (編集部)


野庭九条の会(神奈川県横浜市)

講演会「腹話術で伝える父、日比野勝廣の沖縄戦」
日時: 1月26日(土) 13:30〜
会場:野庭地区センター3階中会議室(京急線上大岡駅からバス、野庭中央公園下車徒歩1分) 
講師:柳川たづ江さん 
資料代:100円 
主催:野庭九条の会
問合せ:045-844-6672(高橋さん)


城山憲法九条の会(長崎県長崎市)

早春の集い
日時:2月2日(土)午後1時半〜3時半
場所:カトリック城山協会(長崎市若宮町6番5号)
講師:関口達夫さん(元NBC記者・フリージャーナリスト)
演題:憲法9条改正の行く先は
参加費:無料
主催:城山憲法九条の会
連絡先:090−4474−2950(園田)


「みずほ9条の会」準備会(東京都瑞穂町)

「みずほ9条の会」結成集会
日時:2月3日(日)午後2時(開場1時半)
お話:菱山南帆子さん(許すな!憲法改悪・市民連絡会事務局次長)
紙芝居:世界で一番幸せな贈り物
ところ:瑞穂町郷土資料館けやき館多目的室
主催:「みずほ・9条の会」準備会連絡:080−5699−3488


東京北法律事務所・九条の会(東京都北区)

新春セミナー「国家権力とメディアの関係〜安倍政権の暴走を食い止めるために〜」
日時:2月7日(木)午後6時〜
場所 北とぴあ16階「天覧の間」(JR京浜東北線王子駅「北口」徒歩3分・地下鉄南北線王子駅直結)
講師:望月衣塑子さん(東京新聞社会部記者)
参加費無料
懇親会:午後7時45分〜(参加費3000円) 
詳細はこちらをご覧ください。
 https://kitahou.bengo-shi.com/nine/activity_2019/schedule_190207/
主催:東京北法律事務所・九条の会
連絡先 03−3907−2105


九条の会おおさか(大阪府大阪市)

激論ー改憲阻止へ闘いの方向性と展望
日時:2月9日(土)13時半開会
発言:小倉雅昭さん(真宗本願寺派住職)、木戸衛一さん(大阪大学国際政治学科)、中村新太郎さん(大阪府歯科保険医協会理事)、西谷文明さん(ジャーナリスト)
会場:ドーンセンター4F大会議室(大阪市中央区大手前1丁目3番49号)
参加費:500円
主催:九条の会・おおさか
連絡先:06−6365−9005


九条の会.ひがしなだ憲法学習会(兵庫県神戸市)

アベ「壊憲」にどう立ち向かうか
日時:2月9日(土)14時〜(13時半開場)
講師:石川康宏さん(神戸女学院大学教授)
場所:神戸市東灘区民センター第1・第2会議室(8階)
参加協力費:500円
主催:九条の会.ひがしなだ
問合せ:080-1485-5603(西谷)


商社九条の会・東京(東京都)

第44回企画 講演と映像のつどい「前川喜平さんが語る 教育と平和・憲法」
日時:2月15日(金)12:30〜(開場 12:00)
第一部(12:30〜14:45)講演 元文科省事務次官 前川喜平氏 
第二部 (15:00〜16:00) 記録映画「This is a オスプレイ」上映
会場:北とぴあ・つつじホール(北区王子)
参加費:1000円
主催:商社九条の会
申込・連絡先 https://sites.google.com/site/shosha9jho/


調布九条の会「憲法ひろば」(東京都調布市)

第144回(2月)例会
テーマ:頻発する自然災害 防災・減災を憲法から考える
お 話:礒野 弥生さん(東京経済大学名誉教授)
日 時:2月16(土)13:00〜
場 所:あくろす3階「あくろすホール」国領駅北口前、西友上
参加費:300円
詳細はWebサイトの「例会案内」をごらんください
http://choufu9jou.sakura.ne.jp
連絡先:choufu9jou@yahoo.co.jp


九条の会・兵庫県医師の会(兵庫県)

市民企画『沖縄スパイ戦史』上映&三上智恵監督トーク
日時:2月17日(日)13:30〜16:30(開場13:00)上映13・30〜講演15:30〜
トーク:三上智恵さん(監督)
会場:兵庫県農業会館11階大ホール
参加費:1000円
主催:九条の会・兵庫県医師の会
申し込み:FAX078−393−1802(兵庫県保険医協会)


マスコミ九条の会(東京都)

戦争する国ゴメン 政治を変えよう!「東海道五十三次」いっせいアピール
日時:3月9日(土) 昼ごろ
場所:東海道53次の各地 
主催:東海道五十三次の各地の九条の会 
連絡先:090-8580-6307(三枝和仁さん)

活動報告

(メルマガ編集部より) 各地の「活動報告」の原稿をお送り下さい。さまざまな取り組みをできるだけ500字程度にまとめて、編集部までメールでお送り下さい。「こんな活動もある」「こんな運動もできる」「私たちもやってみようか」、さまざまな感想が期待されます。原稿は編集の都合上、若干、手を入れる場合があります。お待ちします。


高梁9条の会(岡山県)が新成人にシール投票と署名の訴え

「9条に自衛隊明記」に反対33% 賛成15%。
高梁9条の会は1月13日、市主催の成人式会場(総合文化会館)前で154回目の共同行動(宣伝・対話・署名)を行い、新成人におめでとう≠フお祝いのチラシを渡しながら、安倍9条改憲NO! 3000万人署名とシール投票への参加を訴えました。行動には、時光重孝代表世話人をはじめ会員16人が参加。
「9条に自衛隊を書き加える」改憲の賛否を問うシール投票には52人が応え、反対33%、賛成15%、わからないが52%でした。署名は35人からが寄せられました。
新成人のなかには「同級生が自衛隊員なので心配です」と署名する男性、署名したあと「9条は大切よ」と同伴の母親に署名を勧める女性も。また、高梁の会社で働いているインドネシアの若者3人も、会員の「日本は憲法で戦争しないことを決めています」などの説明に応え「戦争はダメデスネ」とシール投票に参加。対話した女性会員は「私の目をしっかり見ながら、明るい表情で真剣に話を聞く姿が清々しく印象的でした。私も見習わなければ」と語っていました。
今年の成人式に参加した新成人は約190人でした(対象者390人)
                 (高梁9条の会事務局・小阪洋志記)


編集後記〜198通常国会が始まります。まさに正念場です。

 今月28日から、通常国会です。7月の参議院選挙の前までです。安倍首相らはこの国会で改憲発議をねらっていますが、私たちはそれを阻止するため、全力で立ち向かいましょう。ここで発議がされなかったら、次の勝負は参議院選挙で改憲派の3分の2議席を阻止することです。重大な局面です。3000万署名をはじめ、運動を大きく盛り上げましょう。(T)