事務局より


安倍改憲発議阻止をめざして、さらなる対話運動で、3000万人達成に進もう! 改憲発議をかならず阻止しよう! 3000万人署名は継続します。              九条の会事務局


ひきつづき頑張ろう! 安倍改憲発議阻止をめざして、さらなる対話運動で、3000万人達成に進もう! 改憲発議をかならず阻止しよう! 3000万人署名は継続します。                   九条の会事務局


全国の「九条の会」のみなさんへお願い
― 新しい「九条の会」リーフレット発行にあたって ―

 新しく「九条の会リーフレット」を作成しました。これまでの呼びかけ人の紹介と「九条の会アピール」に加えて、12人の世話人の紹介と一言アピールを新たに掲載しました。
全国の地域、職場、学園の「九条の会」で、このリーフレットを積極的に活用し、「九条の会」の活動を、文字通り全ての人々に伝え、「3000万人署名」の目標を達成すると共に、新たな「九条の会」を結成するなど地域に根ざした大きな運動と世論を作り上げていきましょう。

〈新リーフレット〉
値 段 1部30円/100部以上25円/1000部以上20円
サイズ B6(B4を4つ折りしたもの)
申込は、九条の会へ(Eメールmail@9jounokai.jp) 


サイトのトップページ【http://www.9-jo.jp/】上部に「メルマガ登録」「解除」ボタンを設定しております。ここからご自分で簡単に登録できますので、会員のみなさんに読者登録をおススメください。

 メルマガを安倍9条改憲発議阻止の運動に活用してください。
 各地の催し物案内や活動報告の記事をお寄せください。

各地から(全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!)

催し案内や活動報告の掲載原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はチラシなどの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際して若干、手を加える場合があります。
                                                   (編集部)


九条を守る神奈川高校教職員の会(神奈川県)

総会・記念講演会
日時:2月11日(月・休) 17:50〜20:30  
会場:かながわ県民センター301号室(横浜駅西口徒歩5分) 
内容:総会議事(10分以内) 
記念講演:植村隆氏(元朝日新聞記者、週刊金曜日社長)
穂積剛氏(弁護士、植村裁判代理人)「植村裁判はどうして提起されたのか、従軍慰安婦記事をねつ造と攻撃されて」 
資料代:500円 
主催:九条を守る神奈川高校教職員の会
連絡先:早川芳夫(yoshio_ha2007@yahoo.co.jp


のむぎ9条の会(神奈川県横浜市)

のむぎ PEACEDAY
日時:2月16日(土)13:30-16:00(入退場は自由)13:20 開場予定会場:会場:のむぎホール(横浜市青葉区寺家町112番)☆公共交通機関でお越しください。最寄のバス停:寺家町(じげちょう)東急田園都市線青葉台駅 2番バス停 青30(寺家町循環) 12:58 13:28がお勧めです。
参加費:無料(任意でカンパにご協力いただければ幸いです。)
トーク:竹腰英樹(中野協同プロジェクト事務局長)おしゃべり会、平行して、
平和の物販コーナー・チラシコーナーがあります。
主催:のむぎPEACEDAY実行委員会(のむぎ・のむぎ9条の会・中野協同プロジェクト)
連絡先:htakepeace@hotmail.com


落合・中井九条の会(東京都新宿区)

第164回落合・中井九条のつどい「芥川龍之介の中国旅行」(反戦主義者でプロレタリア作家の芥川)
とき:2月16日(土)14時〜16時
講師:佐久間 徹さん(中国研究家)
場所:落合第一地域センター聖母坂通り3階第二集会室(下落合4-6-7)
主催:落合・中井九条の会
http://otiainakai9jo.cocolog-nifty.com/blog/files/
連絡先:電話・FAX:3951−0573
    Email : otiainakai9jo@mbr.nifty.com


富士見町九条の会(東京都東村山市)

<2月例会>「インパール作戦」ビデオ鑑賞と話し合い
日時:2月17日(日)午前10時30分〜(時間にご注意!)
場所:富士見図書館2階・集会室
主催:富士見町九条の会  
連絡先:山澤(080-3154-5059)


宮城女性九条の会(宮城県)

第 41 回憲法講座 :交流会「明日の平和を求めて−若者たちと未来を語ろう−」
日時:2月24日(日)13:30〜15:30
会場:仙台市市民活動サポートセンター6F セミナーホール
内容:@「高校での平和・憲法教育と若者たちの現状」
  講師:高橋正行さん(宮城県高教組委員長、宮城県労連議長)
   A若者から
   B昭和世代から
   C参加者の交流
参加費:300 円 事前予約不要、どなたでも参加できます。
主催:宮城女性九条の会
連絡先:090−5832−6836 FAX:022−241−0429


私学九条の会・東京(東京都)

結成13周年記念・第43回憲法学習会
日時:2月26日(火)18時30分〜20時40分
講師:纐纈(こうけつ) 厚さん(山口大学名誉教授・立教大学特任教授)
演題:朝鮮半島問題と日本の植民地責任―東アジア平和共同体構築に向けて―
会場:全国教育文化会館7階大会議室(有楽町線「麹町」下車2分)
参加費:500円 (どなたでも参加できます)
主催:私学九条の会・東京
連絡先:03−3230−4091(東京私教連)


都立高校女性教職員九条の会(東京都)

3月月例会「韓国・徴用工問題はまちがっているのか?」
日時:3月2日(土)14:00〜16:30
場所:文京区シビックセンター3階C(営団地下鉄後楽園駅、都営三田線・大江戸線春日駅下車)
講師:大森典子さん(弁護士、中国慰安婦裁判弁護団長)
資料代:500円(学生無料)
主催:都立高校女性教職員九条の会
連絡先:赤石090-4756-2843


女性「九条の会」(東京都)

講演会「ひとりの責任」
日時:3月7日(木)13:30〜16:30
会場:東京ウイメンズプラザ視聴覚室(渋谷駅宮益坂口から徒歩12分/表参道駅B2出口から徒歩7分)
講師:澤地久枝さん(九条の会呼びかけ人)
   池山由香さん(演奏家ーアルパ&メゾソプラノを披露します)
参加費:1000円  
お電話・FAX、またはメールでお申し込み下さい。
主催:女性「九条の会」
連絡先:03-5981-8441 Fax 03-5981-8474
    eメール:josei-9jonokai@aioros.ocn.ne.jp


九条科学者の会(東京都)

九条科学者の会発足14年記念講演会「天皇代替わりと憲法」
日時:3月9日(土) 14:00〜17:00 
会場:文京区民センター2A会議室(地下鉄春日駅A2出口徒歩2分、後楽園駅徒歩6分) 
講演1:河西秀哉さん(名古屋大学准教授、歴史学)「メディアとともに歩んだ象徴天皇制」 
講演2:斎藤小百合さん(恵泉女学園大学教授、憲法学)「日本国憲法と天皇制」 資料代:500円 
主催:九条科学者の会 後援:日本科学者会議 
問合せ:電話・Fax 03-3811-8320


府中九条の会(東京都府中市)

安倍改憲を阻止するために(仮題)
日時:3月12日(火)18時30分から
場所:コミュニティセンター会議室(京王線府中駅に隣接)
講師:高田健さん(戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会共同代表・九条の会事務局)
主催:府中九条の会
連絡先:TEL&FAX 042-364-8704


あつぎ・九条の会(神奈川県厚木市)

13周年記念行事 水島朝穂早大教授の講演とハーモニカ演奏
日時:3月20日(水) 14:00〜 
会場:厚木市文化会館小ホール(厚木駅徒歩13分) 
前売り500円、当日700円 
主催:あつぎ・九条の会 
連絡先:小池康夫(080-3172-3441)


編集後記〜安倍首相は自民党二階幹事長の代表質問に以下のように答えた。

 災害出動やPKOなどの自衛隊の活動を礼賛したうえで、「自衛隊は、かつては厳しい目で見られた時代も ありました。それでも、歯を食いしばり、ただひたすらに職務を全うしてきた。今や、国民の約九割は、敬意を持って自衛隊を認めています」
 「しかし、近年の調査でも、自衛隊は合憲と言い切る憲法学者は2割にとどまります。君たちは憲法違反かもしれないが、何かあれば命を張ってくれというのは、余りにも無責任ではないでしょうか。 多くの教科書に、自衛隊の合憲性には議論がある旨の記述があります。その教科書で自衛隊員のお子さんたちも学んでいるのです。さらには、今なお、自衛隊に関するいわれなき 批判や反対運動、自治体による非協力な対応といった状況があるのも事実です」。「例えば、自衛隊の、自衛官の募集は市町村の事務ですが、一部の自治体はその実施を拒否し、受験票の受理さえも行っていません。また、防衛大臣からの要請にもかかわらず、全体の6割以上の 自治体から、自衛隊員募集に必要となる所要の協力が得られていません」
 「 このような状況に終止符を打つためにも、自衛 隊の存在を憲法上明確に位置づけることが必要だ」。
 「同時に、国民のため命を賭して任務を遂行する 隊員諸君の正統性を明文化し、明確化することは、国防の根幹にかかわること」だ。
 
 まさに、今回の安倍9条改憲は「1ミリも変わらない」のではなく」「国防の根幹にかわること」(T)