事務局より


「黒川弘務東京高検検事長の定年延長を認めた閣議決定を撤回し、黒川弘務検事長の即時辞職を求めます」の賛同運動の報告

 九条の会も参加している「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」が呼びかけてきた「黒川弘務東京高検検事長の定年延長を認めた閣議決定を撤回し、黒川弘務検事長の即時辞職を求めます」の賛同は、紙の署名で現在1275団体・個人、ネット署名351019筆です。これについては5月14日に行われたZOOM集会「検察庁法改正案に抗議する!リレートーク集会」(主催構成団体は法の支配の危機を憂う弁護士の会・改憲問題対策法律家6団体連絡会・安倍9条改憲NO!全国市民アクション)で、当日までの集約数を市民アクションから発表しました。
 いち早く閣議決定による黒川検事長の定年延長に抗議の声をあげ、問題点を暴露してきたこの賛同署名運動は、この間の1000万に達したといわれる「ツイッターデモ」の一翼を担い、世論の高まりの中で、検察庁法改定案強行採決を阻止したたたかいに貢献することができました。
 みなさまのご協力に感謝します。


安倍9条改憲NO! 「改憲発議に反対する全国緊急署名」へのご協力のお願い

 平素からのご支援ご協力に心から感謝申し上げます。
 さて、暴走ともいえる安倍政権の憲法こわし、民主主義こわしが止まりません。
森友・加計学園疑惑での行政の私物化につづき、今また「桜を見る会」への後援会員の招待という税金の私物化が露見しました。
 また、違憲の安保法制も口実にしたアメリカからの武器の爆買いと専守防衛からの逸脱は、9条改憲を先取りする乱暴さで進められています。中東海域への「調査研究」名目での自衛隊艦船の派遣という脱法行為もおこなおうとしています。
沖縄・辺野古沖での基地建設でも示される権力政治も、意にそわない表現行為への政府の介入も、過去の植民地支配への反省を欠く韓国との摩擦の強まりも、憲法を遵守しない、立憲主義を蹂躙する安倍政治だからの問題です。
 この暴走のいきつく先を憲法9条への自衛隊の明記とさせてはなりません。
 先の参議院選挙をへて、体制を立て直し、自らの総裁任期の2021年までの改憲をめざす安倍首相は、改憲のアクセルを一段と踏み込みました。暴走はさらに加速しています。
 安倍首相のもとでの改憲には反対、が国民多数の声です。先の参議院選挙での市民と野党の一致点です。
 この一致点をさらに強く、大きくし、世論を広げ、改憲発議ができない状況を作りだすために、もう一度知恵と力を寄せ合おうではありませんか。「改憲発議に反対する全国緊急署名」を軸に、対話を強めようではありませんか。
 「改憲発議NO」の世論で安倍政権を追いつめるために、皆さんのお力をお貸しください。新たにスタートしました、「改憲発議に反対する全国緊急署名」の署名推進にご協力いただくとともに、取り組みを進めるための財政支援にもご協力くださるようよろしくお願いします。
 2019年12月17日
 安倍9条改憲NO!全国市民アクション運営委員会
【呼びかけ人】
有馬 頼底 うじき つよし 落合 恵子 岡野 八代 鎌田 慧 鎌田 實 香山 リカ 佐高 信 澤地 久枝 杉原 泰雄  田中 優子 ちば てつや 暉峻 淑子 なかにし 礼 浜 矩子 樋口 陽一 前川 喜平 益川 敏英 田原総一朗 山口 二郎 北原 みのり (2019年12月13日現在)
 連絡先
・戦争をさせない1000人委員会  【電話03-3526-2920】
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3−2−11 連合会館内 
・憲法9条を壊すな!実行委員会 【電話03-3221-4668】
〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3−3−3 太陽ビル402 市民ネット内
・戦争する国づくりストップ!憲法を守り・いかす共同センター 【電話03-5842-5611】
〒113-8462 東京都文京区湯島2−4−4 全労連会館
・九条の会【電話03-3221-5075】
〒101-0065 東京都千代田区西神田2−5−7−303

サイトのトップページ【http://www.9-jo.jp/】上部に「メルマガ登録」「解除」ボタンを設定しております。ここからご自分で簡単に登録できますので、会員のみなさんに読者登録をおススメください。

 メルマガの読者は現在約1万人おります。安倍9条改憲発議阻止の運動にぜひ活用してください。
 各地の催し物案内や活動報告の記事をお寄せください。                            九条の会メルマガ編集担当


編集部からのお知らせ

 次号メルマガ326号の発行を1か月あまり延期し、発行日は7月10日とします。メルマガへの「各地から」の原稿はこれ以降に予定するものをお送りください。活動報告や活動予定の原稿をお待ちします。なお、「九条の会ニュース」は引き続き発行しております(当会サイトからお読みください)。