☆☆☆ 「九条の会」メルマガ詳細版 2020年11月10日 第334号 ☆☆☆

憲法9条、未来をひらく

 

事務局より

《お知らせ・再掲》「改憲発議反対全国緊急署名」の改訂版を作成しました

 署名を中心の取り組みに位置付けてきた「安倍9条改憲NO!」の世論と運動で、安倍前首相による明文改憲は許しませんでした。しかし、「安倍政治を継承し、発展させる」とする菅義偉首相が「憲法改正に挑戦する」と公言しているように、憲法第9条に焦点をおいた改憲策動はつづいており、私たちの取り組みの手を緩める情勢にはありません。
 その点を前提に、安倍退陣、菅政権の発足という変化をふまえ、「改憲発議に反対する全国緊急署名」について、「安倍」の文言を削除するなど、最小限の改定をおこないました(改定した署名用紙は、こちら)。全国での引き続きの署名行動の強化をお願いします。
 請願項目は、これまでと同様ですので、従来の署名用紙での署名活動をつづけることも可能です。署名の集約も、従来版と改訂版をあわせて提出することとしています。
 改訂版の署名用紙は、このホームページからダウンロードして活用いただくようお願いします。
 10月26日に召集が予定されている秋の臨時国会では、11月19日の「国会行動」で提出することを予定しています。取り組んでいただいた署名は、集約の都合上、11月10日(火)をめどに全国市民アクションなどに署名現物を集中してください。
 菅政権は、日本学術会議が推薦した6人の会員の任命拒否の理由に憲法を歪曲した首相の任命権、監督権を持ち出す一方で、憲法にもとづく国会召集の要求には背を向け続けたり、「敵基地攻撃論」の具体化をはかろうとするなど、憲法の軽視と恣意的な運用の面でも「安倍政治」を引き継いでいます。
 その点で、改憲発議などではなく、憲法に従った政治を、の要求と運動、世論の強化、拡大が必要です。「改憲発議反対全国緊急署名」を手に、宣伝・対話を旺盛に展開しましょう。
                 安倍9条改憲NO!全国市民アクション
 ★署名用紙は以下のサイトに掲載しております。
           http://kaikenno.com/?p=1218#a01

サイトのトップページ【http://www.9-jo.jp/】上部に「メルマガ登録」「解除」ボタンを設定しております。ここからご自分で簡単に登録できます。購読料は無料ですので、会員のみなさん、知り合いの皆さんに読者登録をおススメください。

 メルマガの読者は現在約1万人おります。安倍9条改憲発議阻止の運動にぜひ活用してください。各地の催し物案内や活動報告の記事をお寄せください。                            九条の会メルマガ編集担当

各地から(全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!)

催し案内や活動報告の掲載原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方は発行日の3日前までにお願い致します。原稿はチラシなどの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際して若干、手を加える場合があります。                (編集部)

憲法九条やまとの会(神奈川県大和市)

賛同者会議
日時:11月15日(日)14:00〜16:30
会場:大和シリウス6階612号室(大和駅徒歩3分) 
メインスピーカー:斎藤竜太(医師)
テーマ:コロナの話 
主催:憲法九条やまとの会 
予約・問合せ:046-272-8880(事務局)

落合・中井九条の会(東京都新宿区)

第179回 落合・中井九条のつどい 「3・11の原発事故で大量に拡散した
 放射性物質。生態系への影響は?」
とき:11月21日(土}13時15分〜15時
内容:2018年8月、追跡調査に関わっている鈴木譲さんにお話しいただいた時のDVD視聴会です。
場所:落合第一地域センター3階 第一集会室AB 新宿区下落合4-6-7 聖母坂通り
主催:落合・中井九条の会
連絡先:電話・FAX:3951−0573
    Email : otiainakai9jo@mbr.nifty.com

ふじみ9条の会(東京都東村山市)

<11月例会>「自衛隊の存在をどう考えますか」
日時:11月22日(日)午後1時〜
場所:富士見公民館2階 第1集会室
参加費:無料 
主催:ふじみ9条の会  
連絡先:山澤(080-3154-5059)

千代田九条の会(東京都千代田区)

<2020> 秋の講演・学習会 『帝銀事件と日本の秘密戦』を語る
日時:11月28日(土)14:00〜15:30(開場13:30)
講師:山田朗氏(明治大学文学部教授)
会場:NATULUCK神田・小川町駅前店3階中会議室 (都営地下鉄新宿線小川町駅B7出口)
会場定員20名、ZOOM配信定員80名
参加費:500円(会場参加者)
    ネット/Zoomウエビナーによる同時配信(無料)
    申込方法/https://chiyoda9.sakura.ne.jp/ から
主催:千代田九条の会
連絡先:chiyoda9jo@yahoo.co.jp

深川9条の会(東京都江東区)

講演会:デジタル化が進む社会の光と陰
日時:12月3日(木)18:45開演
講師:清水雅彦さん(日本体育大学・憲法学教授、九条の会世話人)
場所:江東区産業会館第4、第5、第6展示室(東西線東陽町4番出口すぐ)
会費:500円
主催:深川9条の会
連絡先:090−3706−5585

九条の会・さいたま(埼玉県さいたま市)

相澤冬樹さん講演会「私は真実が知りたいー森友改ざんはなぜ?」
日時:12月5日(土)午後1時半開場、2時開演
会場 埼玉会館小ホール(JR浦和駅5分)
主催:九条の会・さいたま
連絡先 080-1245−3553(斎藤)、048−684-2075(藤浪)
    eメール nami-san@hkg.odn.ne.jp

編集後記〜自民党改憲本部のステルス作戦

 臨時国会開会日に新たに衆院憲法審査会会長に選出された自民党の細田博之元幹事長は「日本の国家像を国民的見地に立って議論する意義は極めて大きい。審査会に課せられた使命は誠に重大だ」と強調した。
 与党は今国会の憲法審で、この3年近く継続審議になっている憲法改正の手続きを確定させるための憲法改正手続き法(いわゆる国民投票法)改正案(微修正案)の成立を目指す構えだ。このハードルを越えないと改憲案の議論に入れないからだ。しかし、各方面から指摘されているように、この法案自体が抜本的改定を要する欠陥法案だ。「微修正」ではすまされない。
 自民党憲法改正原案起草委員会(衛藤征士郎委員長)は4項目の自民党改憲(イメージ案)を年末までに具体的な条文案にするとの方針を示し動き出した。これに対して立憲民主党などは「他党を無視して独走するなら国会での憲法論議はできなくなる」と反撃している。
 このため自民党は改憲手続法の議論のブレーキとなることを恐れ、「これからは起草委の会合を開いたとも、開かなかったとも発表しない」として、今後は起草委の活動を水面下にとどめるという姑息な「ステルス作戦」をとろうとしている。(T)