九条の会オフィシャルサイト Japanese Korean English French
大江健三郎、小田実、井上ひさし、加藤周一、澤地久枝、三木睦子、鶴見俊輔、奥平康弘、梅原猛

「九条の会・有明講演会」のための
意見広告へのご協力のお願い
  お知らせ
 6月18日(土)の朝日・毎日・東京各紙に「意見広告」を掲載いたしました。募金については継続してとりくんでいますのでご協力ください。
講演会のビラはこちらです
2005年5月
                          九条の会
                       井上ひさし 梅原猛 大江健三郎
                       奥平康弘 小田実 加藤周一
                       澤地久枝 鶴見俊輔 三木睦子


 (事務局) 101-0065 東京都千代田区西神田2-5-7 神田中央ビル303
 郵便振替口座番号=00130-1-760316   口座名=九条の会意見広告
 意見広告用電話(FAX兼用) 03-5213-8570

 
※今回の意見広告には募金にご協力いただいた方々のお名前は掲載致しません。あらかじめご了承をお願い致します
 「九条の会」は昨年6月10日、「日本と世界の平和な未来のために、日本国憲法を守るという一点で手をつなぎ、『改憲』のくわだてを阻むため、一人ひとりができる、あらゆる努力を、いますぐ始めることを訴えます」というアピールを発表し、発足しました。
それからほぼ1年、「九条の会」は北海道から沖縄まで全国の9都市で講演会を開いてきましたが、各会場とも数千人の人びとが参加し、改憲を憂える人びとの熱気に私たち自身も大きく励まされてきました。また、「九条の会」のアピールに応えて、これまでに全国で1900を超える、地域ごと分野ごとの「九条の会」が生まれ、草の根の活動をひろげています。
けれども、国会やいくつかの政党は改憲に向けた動きをますます強めており、大手マスコミも多かれ少なかれ「改憲」を容認、支持する立場をとり、「九条の会」をはじめとする改憲反対運動の紹介には消極的な態度をとっています。
そこで「九条の会」は、来る7月30日(土)に、東京・有明コロシアム(1万人収容)で講演会を開き、あらためて「九条の会」の立場をより広範な人びとに訴えたいと考えています。
同時に、この講演会の開催と、「九条の会」の存在とそのめざすものをできるだけ多くの人びとに知っていただくため、「意見広告」を6月18日(土)の朝日、毎日、東京各紙に掲載することを計画しています。それには相当の資金を必要とします。私たちは3000万円を目標に募金運動をおこない、できるだけ大きな広告にしたいと考えています。
つきましては、「九条の会」の趣旨にご賛同をいただいている皆様に、この意見広告の費用確保についてもご協力をいただけたら、と考えています。なにとぞ、よろしくお願い申し上げます。
なお、ご協力いただける場合は、郵便振替にてお送りいただければ幸です。